弊会は被災者が立ち上げた地縁組織です。

【平成25年度 決算報告】
決算報告グラフ


【活動内容】


  1. 定例会支部会の様子
    • 支部会の実施サポート
      北・中央・西・東の4支部に分かれ、定例会が開催されています。加盟各団地からの意見の集約をサポートしています。
    • 役員意見交換会・住民ささえあい検討委員会の実施
      4支部長と関係各機関とが集う意見交換会や、住民主体による地域包括ケアの推進を目指す委員会において、各団地状況の報告、課題の解決・協働に向けて建設的な協議を行っています。
  2. コミュニティー形成サポートどんが祭りツアー
    • 仮設団地間の交流活性化行事の開催
      各団地や地域の枠を超えた交流の機会として、カラオケ温泉バスツアーや盆踊り鑑賞ツアーを実施しています。特に、小規模団地合同による行事開催を企画・支援しています。
    • 団地への訪問・関係性構築
      各団地を訪問し、生活状況や課題の把握に取り組みます。
  3. 新たな地域コミュニティーづくり黄金浜南茶話会
      仮設住宅から復興公営住宅等への移転本格化を見据え、「新たな地域コミュニティづくり」のサポートに取り組んでいきます。移転先の住民に受け入れられ、地域になじんで生活を送ることのできる環境作りを推進するため、下記の活動に取り組みます。

    • 復興公営住宅の入居説明会に合わせた、住民交流会の開催
    • 復興公営住宅を受け入れる既存町内会との協働推進
    • 新規住民と既存住民をつなぐ交流イベントの実施
  4. 窓口機能神戸大学付属中等教育学校コーラス部より義援の授与
      個人・各種団体(行政・ボランティア・マスコミ・企業等)や住民からの問い合わせ(相談・依頼・調査・支援・取材等)に対し、各仮設団地および復興住宅や関係機関との連携・調整を行っています。
  5. アンケート調査アンケートサンプル
      市内仮設133団地や復興公営住宅を対象に、仮設団地の自治会運営や、復興公営住宅での生活に関する調査を実施します。仮設住民の一日も早い生活再建を後押しするため、調査によって明らかになった課題について関係各機関と協議・対応を行うと共に、後世に復興の記録を残すことを目的としています。
  6. 自治連だより自治連だよりvol.22-min
      定例会議の内容を基に「自治連だより」を定期発行し、各団地への報告、情報提供、イベント告知などを行っています。

弊会では仮設住民の一日も早い自立をサポートすべく、日々活動をしています。また、これらの記録は必ずや後世の役に立つものと確信しています。いただいたご寄付は被災者の自立の為に大切に使わせて頂きます。ご支援をお願い致します。

【ゆうちょ銀行口座情報】
銀行名 ゆうちょ銀行
記号 18170
番号  38618121
名義 一般社団法人 石巻じちれん シャ)イシノマキジチレン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で